医薬品の個人輸入は偽造品に注意が必要?

薬の個人輸入を利用しているという方もいるかもしれませんが、偽造医薬品が手に入ってしまうリスクもありますので注意が必要ですよ。

偽造医薬品とは、有効成分が含まれていなかったり、説明書が偽造されていたり、有効成分とは異なる成分が配合されていたり、出所や起源が偽物だったり、有効成分が過剰に配合されている医薬品の事です。

偽造医薬品を服用してしまうと重大な健康被害になる恐れがあり、副作用が発生する事も考えられるのです。

世界各国で様々な偽造医薬品の存在が確認されていて、正規ルートではない個人輸入では安全性が保証されていない薬が手に入る可能性がありますよ。

パッケージが正規品と同じだったとしても、中身が偽物だったというケースもあるため注意が必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。