薬を飲んだら運転してはいけないのは何故?

医薬品の種類によっては服用後に眠くなる作用が含まれていますが、どんな薬を飲んだら運転してはいけないのでしょうか?

薬服用後に眠い状態のまま車を運転して事故を起こした場合、危険な運転だと認定されて処罰される事が考えられますので注意が必要ですよ。

特に、抗アレルギー薬や向精神薬、痛み止めの薬にも眠くなる成分が含まれている場合があり、医薬品に付属している説明書に「服用後の機械の操作や車の運転を控える」などの文章が書かれていたら眠くなる成分が入っているでしょう。

花粉症で悩んでいる方は、抗アレルギー薬を服用しているという方も多いかもしれませんが、その中でも抗ヒスタミン薬は花粉症の症状を押さえられますが、覚醒や興奮などを抑える効果もあるため眠くなってしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です