緊急避妊薬にもメリットとデメリットがある?

緊急避妊薬にもメリットとデメリットがあると言われていますので、ぜひ知っておきましょう。

現在では緊急避妊薬を手に入れるためには医師の処方が必要ですが、排卵を抑制して排卵を遅らせるという薬は、避妊に失敗した時に性交後72時間以内に服用する事によって妊娠のリスクを減らす事ができるのです。

避妊確率は100%ではなく80%ですし、副作用が色々とあり、妊婦さんは服用してはいけない薬ですから注意しましょう。

市販で緊急避妊薬が手に入るメリットとして、女性の体に負担がかかる中絶を回避できたり、産婦人科を受診するハードルも下がると言われていますよ。

市販で薬が手に入るデメリットは、薬を飲めば平気だと考える人もいるかもしれないという事ですから、正しい知識で使用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です