便秘薬の服用で注意するべき事とは?

便秘で使われている薬には、どんな種類があるのか知っていますか?

刺激性下剤は2種類あり、大腸に刺激を与える大腸刺激性下剤は市販されていますが、長期服用すると便秘が悪化してしまう可能性があり、小腸に刺激を与える小腸刺激性下剤は、大腸刺激性と比べたら副作用は少ないのだそうです。

機械性下剤は4種類あり、腸の浸透圧に作用する塩類下剤は副作用は少ないと言われていますが、腎臓に何らかの障害がある人は注意が必要ですよ。

便を柔らかくする糖類下剤は副作用が少ないため子どもの便秘にも使われていますが、便を柔らかくする膨張性下剤はお腹が張るなどの副作用があるそうです。

下剤を服用する事によって、下剤を飲まないと便が出なくなるという副作用がありますので、使う場合には作用が弱い物から選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です