医薬品の個人輸入、なぜ規制が厳しい?

日本国内で手に入らない医薬品を、海外から個人輸入で入手しているという方もいるかもしれませんが、なぜ未承認の薬の規制が厳しいのか知っていますか?

医薬品は科学的に確認ができて承認された製品のみ国内で流通するように薬事法で決められているため、未承認の個人輸入の薬は広告を付ける事が禁止されています。

個人輸入の薬にはリスクがあるため、体への影響が大きくない物なら個人が自己責任で使用する事はできますが、購入できる量が限られていたり、営業目的や流通目的での大量購入はできないのです。

怪しい薬が確認もされず国内に入ってくる方が危険ですし、個人輸入薬の全てが悪いというわけではありませんが、個人輸入のサイトで販売されている薬の中には偽物もあると言われていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です