排卵検査薬の使い方とは?

排卵検査薬は、排卵日を予測して妊活に活用するための第一医薬品の検査薬の事ですが、どのように使うのか知っていますか?

尿の中の黄体形成ホルモンという物質の濃度の上昇を調べる事によって、排卵日を予測する事ができるという仕組みになっているそうです。

黄体形成ホルモンの濃度が上昇すると、24時間から36時間以内で排卵が起こると言われているのです。

検査する時には、朝1回目の尿には老廃物が混じっている事が考えられるので2回目以降の尿で検査を行い、陽性反応を見逃さないためには同じ時間で検査を行うと良いのだそうです。

キャップを外してサンプラー部分を20秒ほど尿に浸し、キャップを戻して水平な状態で3分ほど待つと判定窓に検査結果が出てくるのだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です