抗うつ薬について

お医者さんからうつの診断をされた際にほとんどの病院で抗うつ薬が処方されることになります。通常の場合では2週間~6週間つかっているとそれなりの効果が出てきます。

薬の種類によっては最初から必要量を与える場合と徐々に薬を増やしていく使い方があります。一気に薬の量を多く体内に取り込んでしまうと副作用が出やすくなってしまいます。

このような方法で治療していきますと多くの場合には2~3ヶ月のうちに元気を取り戻してきて最終的には薬を切ることができるようになっています。しかし、発症した方のなかでも半分くらいの方は再発する可能性があるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です