目薬の使い方

目薬は正しく使用できていると思っても、実は間違った使い方である場合が多いお薬です。
正しく目薬をするためには、まず目の周囲と手を清潔にするところから始めましょう。

目薬は繊細なお薬で、間違った使い方をしてしまうとすぐに菌に汚染されてしまいます。
ですので特に目薬を差す際には、先端が瞼や眼球に触れてしまわないように気をつけることも非常に大切な点です。
また、家族で1つの目薬を使い回すこともNGですので、必要な分だけの目薬をそれぞれ用意して使うようにしてください。

目薬には使用の際に、「良く振ってから使用する」「粘性のある場合には直後の運転を控える」というように特別な注意が必要なものもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です