抗うつ薬の種類

抗うつ薬は大きく分けて「従来薬」と「新世代薬」の2つに分けられます。

従来薬は薬の化学構造式の違いによって更に分けられ、新世代薬はその薬が及ぼす作用機序の違いで更に分けられます。
これらの大きな違いは脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの再取組みを選択的に阻害するかどうかにあります。

従来薬に分けられる抗うつ薬はセロトニンやノルアドレナリンを増加させてしまうだけでなく、他の神経伝達物質の受容体にも結合する性質があるため、多くの副作用を起こすという問題があるのです。
一方で新世代薬は、働きかける神経伝達物質を選択的に絞ることができ、それによって副作用の発生も抑えられています。

これらの薬は主に医師の経験に基づいて処方されることが多いので、医師によってはその患者には強すぎる薬を処方してしまったり、逆に余り効果のない薬を処方してしまうこともあるのが実情です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です