湿布薬の副作用

腕や肩、腰や足など体で痛い部分が出てくると湿布薬をその箇所に貼る方がいると思いますが、湿布薬にも副作用があるのをご存知でしょうか。

湿布の成分には消炎鎮痛剤が入っているのですが、この消炎鎮痛剤は血管を平光とする物質の発生を阻害して、血管を閉じるように働いて痛みを抑えます。
そうすると患部に押し寄せる血流と痛み物質がその場所に止められるので、一時的に痛みは収まります。
しかし、血流を止めているので壊れた組織の修復も止めることになってしまうのです。

血流を悪くして痛みに対して鈍感になってしまいますから、痛みはなくなるものの根本的な解決にならないだけでなく、体が痛みを治そうとする反応まで無くしてしまいます。

湿布薬を使って楽になるのなら使っても問題はありませんが、それが日常化してしまうと少し問題です。
一時的に痛みを無くしたいのなら便利ではありますが、根本的に治したいのならしっかりと専門医に診てもらうのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です