個人輸入のダイエット薬「ホスピタルダイエット」の被害

個人輸入薬で人気の薬にはダイエット薬も含まれますが、タイから個人輸入した「ホスピタルダイエット」と称された商品の健康被害が報告されています。

この薬の成分を分析した結果、日本では医薬品製造販売承認が却下された過去もある、中枢性食欲抑制作用を持つ「シブトラミン」などの医薬品成分が検出されたそうです。
報告された症状では排尿困難なものや意識朦朧、更には死亡例もある怖い薬です。

またこれらは「ホスピタルダイエット」以外の名称で販売されている事もありますので、個人輸入で手に入れたダイエット薬を服用して少しでも気分が悪くなったらすぐに医療機関を受診してください。
また厚生労働省のHPで今まで確認された「ホスピタルダイエット」の錠剤を画像付きで確認できるので、お持ちのダイエット薬を確認してみて少しでも怪しかったら服用を避けましょう。

こうしたトラブルを避けて個人輸入で薬を入手するためには、利用する代行サイトが健全であるかどうかも非常に重要なポイントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です