医薬品の主な解熱沈痛成分

多くの風邪薬に含まれている一般的な成分と言えば、鼻水やくしゃみ止め、そして解熱沈静成分です。

身体の炎症部分に発生するプロスタグランジンという局所ホルモンに鎮痛成分が作用し、抑制・鎮痛に繋がります。
ただしプロスタグランジンは胃では血行を良くする働きがあるため、鎮痛成分が強く効きすぎてしまうと痛みが鎮まったとしても、副作用として今度は胃に不調が発生してしまうのです。

ですから鎮痛成分であるアスピリン、イソプロピルアンチピリン、エテンザミドは炎症効果があるものの胃への負担も高い成分となります。
しかし鎮痛成分の中でもイブプロフェンは比較的胃への負担が少ないため、胃が弱いという方は出来るだけイブプロフェンの配合されている風邪薬を選択するなどしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です