正しい胃薬の飲み方を理解しよう

薬を飲むときに、正しい飲み方をしていると求めている効果を得る事ができますが、もし間違った飲み方をしていると効果が得られないのです。

お茶と薬の飲み合わせは悪いと言われていましたが、手元にあったお茶で薬を飲んだ事のある方もいるかもしれません。

お茶にも色々な種類がありますが、タンニンという成分が入っていると化学反応を起こしてしまい、胃薬が吸収されやすくなってしまうという事です。

牛乳で胃薬を服用すると、胃の中の胃酸の量などを調整する事が難しくなるため、胃薬の効果を適切に発揮できないという事ですから、薬と一緒に牛乳は飲まないようにしましょう。

アルコールは肝臓で分解されますが、胃薬の分解も肝臓で行われるため、胃薬とお酒は一緒に飲まないよう注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です