赤ちゃんや子どもに薬を服用させる時の注意点とは

医薬品を赤ちゃんや子どもに服用させる場合には、注意すべきことがありますのでご紹介いたします。

赤ちゃんは体の機能がまだ十分に備わっていないので、薬を服用させる時に症状が似ていると判断して大人用の薬を服用させたり、兄弟が似たような薬を持っているからと言って使い回すのはNGなのです。

赤ちゃんの体重や月齢に応じた用量用量を服用させる必要があり、医師や薬剤師から処方された量を処方された量で飲みきるように心がけると良いでしょう。

シロップタイプの薬を服用させる場合には、容器に目盛りが付いていることが多いので、目盛りを確認し服用させる必要がありますが、一目盛りでも間違ってしまうと薬の効果が強く出てしまうこともあるそうですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です