目覚まし薬を正しく使う方法

ナルコレプシーは過眠症のことですが、処方される目覚まし薬の使い方についてご紹介いたしますので正しく使って症状を改善しましょう。

昼間などに眠くなる病なので薬で調整するという使い方もありますが、必ず主治医の指示や処方内容をきちんと守って薬を使用することがとても大切なのです。

眠くなるという辛い症状は眠気によって危険を感じたりすることもあるため、患者さんの勝手な判断で薬を多用している人もいるようですが、薬の多用はとても危険なことですよ。

処方された薬について知識を得ることも大切であり、効果や作用だけでなく副作用などのデメリットについてもキチンと理解して、薬に頼ってばかりだと体が薬に慣れて効果があまり得られなくなりますので注意しましょう。

特に用事が無いなら、目覚まし薬を使わない日を作って休むということも大事ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です