漢方薬と西洋薬の違いって何?

西洋薬が苦手な人は、東洋薬である漢方薬を服用しているという方もいるかもしれませんが、具体的にどのような違いがあるのか知っていますか?

西洋医学では、急性の怪我や外科手術、臓器移植や細菌の感染などの分野を得意としており、東洋医学では、検査を受けても異常が見つからなかったり、原因や病名がはっきりしていない疾患などが得意分野なのです。

漢方は、病気に打ち勝って健康に導くという考えの元、自然治癒力や免疫力をアップさせるために患者さんの個性や体質に合わせて調合していくのです。

漢方は苦いと考えている方も多いかもしれませんが、原料は自然の生薬を使用していますので安心して服用することができますよ。

漢方薬は色々な症状に対して使用することができますが、主に現代病や生活習慣病や慢性疾患に使われることが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です