頭痛薬の副作用に注意しよう

頭痛を治したくて頭痛薬を服用しようと考えている方も多いかもしれませんが、頭痛薬で気をつけておくべきことがありますのでご紹介いたします。

頭痛薬の副作用の1つは胃腸障害であり、アスピリンという成分が含まれているため、胃の粘液に影響して胃を荒らしてしまうので、病院で痛み止めの薬が処方される時に、一緒に胃腸薬が処方されたという経験のある方もいるかもしれません。

もう1つの副作用とは薬物乱用頭痛であり、痛み止めを飲んでいるにも関わらず頭痛が酷くなっていくという症状が表れるのです。

薬が切れることにより痛みの感受性が高くなるので、ちょっとの痛みも強く感じるようになり、薬の量が増えてしまうのです。

できる限り、薬に頼らずに治すのがベストですが、止むを得ず服用する必要がある場合には医師の指示を守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です