アレルギー治療で使われるステロイドの注意点

アトピーや喘息の治療でよく使用されているステロイドは、治療効果を得られるだけでなく危険なデメリットもありますのでご紹介いたします。

ステロイドとは、炎症性疾患の患者に用いられる薬であり、スポーツでドーピングの問題として取り上げられるステロイドはより強力なタイプの物です。

副作用により毎年死者が出ているというデータもあり、ステロイドを服用することで発症する副作用には、ガンの発生率を高めたり、皮膚炎など皮膚に関する複数の症状が表れることがありますよ。

アトピー性皮膚炎の患者で、ステロイドを服用しているという方もいるかもしれませんが、副作用により悪化しているという方もいるとのことですが、ステロイドは本来炎症を抑える働きがあるだけで、病気自体を完治させる効果はないと理解しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です