医者は飲まないような危険な薬

患者さん居は普通に処方していても自分では絶対に飲みたくないといった薬は少なくないようです。重篤な副作用が生じると言ったことや依存性がある、など実はほとんどの医者が患者には出すけど自分は飲まない薬があります。

東京にクリニックを構えるお医者さんは研修医のときに毎日深夜まで働いてからだが疲れているときに熱があって鼻水も凄く出ていたので、風邪薬を飲み車を運転したところものすごい眠気が襲ってきたといいます。
その薬とは非ピリン系感冒剤顆粒で商品名としてはPL配合顆粒などの風邪薬です。

風邪の症状を抑えるにはとても効果的ですが、副作用の出方が人によって異なるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です