ロキソニンの副作用がやばい?

ロキソニンは、頭痛の痛み止めや女性特有の痛み止めとして使われることは多いですよね。そのロキソニンに重大な副作用が起こることが厚労省から報告されたそうなのです。

ロキソニンの重大な副作用とは、腸閉塞が起こる可能性と言ったものなのです。何故、ロキソニンでこの副作用が起こるのでしょうか。
メカニズムとしては、解熱鎮痛剤は消化性潰瘍を副作用として起こす危険性があるそうで、潰瘍を形成し、腸が盛り上がったり変形したりすることで、狭窄や閉塞をきたしてしまう可能性があるということなのです。

痛みがあるからと言って、簡単に薬を服用してはいけないのでしょう。ロキソニンに限らず、薬を服用する際は気をつけた方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です