薬の主作用・副作用・薬害

薬には、症状が良くなる成分以外に症状が悪化してしまうということがあるのです。そして、薬害という言葉もよく聞くと思うのですが、薬の副作用を思い浮かべると思いますが、それは少し違います。

薬には病気を治す働きがある一方で、それ以外の好ましくない働きを起こしてしまうのが薬害だそうですよ。

例えば、風邪薬を飲んだ時の主作用は体調が良くなったことで、副作用は眠くなってしまうということです。

ただし、薬害は単なる副作用と異なり、大変な問題を起こしてしまうことを指すのです。薬害が起こらないようにするために、薬害の歴史等を学び、みんなで薬害について知識を深めましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です